FC2ブログ

出会いⅡ

2008-06-10

保護主さんは、お宅へのアクセスをそれはそれはご丁寧にメールで教えてくださった
のですか、保護主さんのお宅がある場所は、ちょしを拾った場所の近く=おとーさんが
よく知る地元!!ご対面の日は、おとーさんに車を出してもらい、保護主さん宅までススイ
っと行きました。
そしてドキドキしながら、保護主さんと対面。「こんばんは~」とっても優しげなご夫妻。
その傍らには、保護主さんチのにゃんこが「いらっしゃ~い」と言わんばかりに、ゴロ~ンと
しながらお出迎え。そんな姿から、そのコがご夫妻にとっても可愛がられているのがよ~く
わかりました。
「早速見ますか?」と言われ、子猫たちがケージに入ってるところに通されると…
いたいた。ミィミィ鳴いてる元気な3にゃんが。そしてその中に、ホントに見事なグレーのコが
いました。「抱いてみますか?」と言われ、グレ白だけ出してもらい、抱っこし、顔を見ました。
そしてついて来てくれた友達に、わたしは言いました。
「“いちこ”見つけたよ!!」 ビビビッ!があったのです。
今まで里親会などで実際に子猫に会っても、感じることがなかったビビビッ!が。
わたしは保護主さんに言いました。
「このコをいただいてもたいいですか?!」
すでにこのブログを見て、わたしを信用してくれていた保護主さんからは、事前にメールで
「もし気に入っていただけたのなら、当日連れて行っても構いません」と言われていました。
でも当日もらうのは厳しいかな~って思っていたのですが、わたしを信用して、まだ1ヶ月の
子猫を譲ってくれるのだし(通常の里親募集だと、生後数週間~2ヶ月ぐらいの子猫は、
お留守番の少ないお宅が必須になってたりして、迎え入れるのは難しいのです)、わたし
自身も、風邪をひき、3兄弟の中で一番状態のよくないいちこを、集中的に治療してあげた
かったし、1にゃんでも減れば、それだけ保護主さんの負担も軽くなるものと思い、当日家に
連れて帰ることにしました。
友達に「最後にダッコしてもらったら?」と言われ、保護主ママにいちこをダッコしてもらいました。
するとママは泣き出してしまいました。
一番手のかかったいちこ。たった数日間だったけれど、別れ際に泣いちゃうぐらい愛情を
かけてくれたママに拾われて、本当によかったね。
ママと以前暮らしていたにゃんこは、ちょしとは対照的に、とても若くしてお星様になったコ
でした。その後ママは、いま居るにゃんこと暮らしているわけですが、このときのことがずっと
悲しみの溝としてありました。
でもいまママは、3にゃんとわたしと出会ったことによって、大きく変わろうとしています。
そう、意味のある出会いはわたしといちこだけではなく、ママと3にゃんも、大きな意味を
もつ出会いだったのです。

そして昨日嬉しい知らせが届きました。
里親希望のお声もかかってはいたのですが…いちこの兄弟のキジ白くんと三毛ちゃんは、
めでたくママのお家のコになりました\(^o^)/
これでわたしも、いつでも兄弟の様子を遠慮なく知ることができるし、いちこがママや兄弟に
会うコトだって可能です!!

キジ白くん、三毛ちゃん、いちこ、生まれてきてくれてありがとう。
ママ、3にゃんを拾ってくれてありがとう。
ママんチのお星様にゃんこ、ちょし、わたしたちを見守っていてくれてありがとう。
これからがみんなの、はじめの一歩だね♪


ちょしとツーショット♪


参加してます。いちこの成長ップリにポチっとよろしくお願いいたします。

いちこをポチっとな♪

<- いちこが来た日。 | HOME | こんなところににゃんこ?? ->

コメント

に、似てるぅ~!?

やっぱり、ちょしちゃんいちこちゃん、似てますねぇ~v-10

2にゃんのあまりの可愛さにv-238勝手にお持ち帰りしちゃいますv-63

はじめの一歩♪(いちこ)
ほんとにぴったりのネーミングですね
しっぽなさん さっすが~
みけちゃんと白キジちゃんが保護主ママさんちの子になれてよかったですね(*^^)v
しっぽなさんと電話で話したとき、2にゃんいっしょにって
保護主ママさんが言ってらしたと聞き、こうなるかもって思いました
いちこちゃんを最後にだっこしてもらった時、保護主ママさんの思いを後押ししたのかもしれませんね(^^) だったら なお素晴らしい~
ほとんどのノラちゃんは離ればなれになっちゃうのが常ですもの
ちこちゃんにとっても、会える距離に兄弟がいるなんて幸せだね!
ぴやの兄弟は いまごろどうしているのかなぁ
真白なコだったの 母猫さんが連れて行ったんだけど
12年もたっているし、ノラちゃんだったからその後はわからないのです
しあわせだったら いいな♪

 

いちこちゃんを拾ってくれたママさんのお話、泣けちゃいました。
縁という不思議・・・・ちょしちゃんが導いてくれているのですね!!
20歳の茶子ちゃんと暮らしているので、すごく自分と重ねて読んでます。

かわいい。。。

いちこちゃん、ちいさくって不思議でかわいい。そういえばうちのコもそのぐらい小さかったときがあったんだなーと感慨深いです。ちょしちゃんもしっかり見守ってくれていると思いますよ。めぐり合うべくしてめぐりあった子猫ちゃんですね。 これからも応援してます!

保護主さんも新たな生活を始めていたんですネ~

最後の写真、とてもステキです!!ポスターとかにしてもいい感じがします。上手く言えなくてはがゆいのですが、色々なもの(物語・愛情・未来など)を写しているように見えます☆

事情がとてもよくわかりました。
みんなみんな幸せになれて本当に良かった!
今日の写真もいいですねー。
二人とも思慮深いお目々になっている・・・。
お互いに何を感じあっているのでしょうか?
何も言わなくても心から分かり合っているように見えます。
不思議ですね。

いちこちゃんがちょしおねえちゃんに安心して寄り添ってるみたい。
ちょしちゃんも「私がみ~んなを見てるよ~」って言ってるかんじ。
素敵な写真。

保護主ママさんとのお話も涙が出ました。
みんな幸せになって良かったv-238
いちこちゃんの兄弟の写真もいつか見れるかな・・・?

>ねこばバスさん
やっぱ似てますかね(^m^)
ただただグレ白の八割れを望んでいたのですが、無意識に似てるいちこを
選んでいたのかもしれないです。
あぁ~連れ去られた~(≧◇≦;)(笑)

>ぴやままさん
このタイトルは、いちこが来る前に空から降ってきた言霊なんです♪
その節は白キジくんと三毛ちゃんのご心配いただき、ありがとうございました。
わたし自身も一番望んでいたカタチとなり、嬉しい限りです(^-^)
ぴやちゃんの兄弟の白ねこちゃんも、幸せに暮らしてるといいですね。

>茶子ママさん 
ホントに縁だと思います。
特にちょしが結んでくれる縁はものすごいものが多いです(笑)
茶子ちゃんと茶子ママさんにも、お二人だけの物語があるんでしょうね。
茶子ちゃん、まだまだ元気に長生きしてね♪

>Takapanさん
ありがとうございます(^-^)
わたしもいちこを見て、ちょしもこんなだったんだよな~。そしてこんなのから
20年も生きたんだよな~って、やっぱり感慨深かったです。
ホントにちょしが導いてくれたんだと思っています。

>もみじさん
3にゃんを保護して、いちこを里子に出し、先住にゃんこのことも考えた上で、
キジ白くんと三毛ちゃんと暮らす決意をしたママはとってもエライと思います。
ご自分ではかなり謙遜されてますが、ホントーに優しいママさんなんですよ。
大丈夫!もみじさんがおっしゃりたいこと、シッカリわたしに伝わっていますから♪

>タラさん
わかっていただけてよかったぁ~(≧∇≦)
ホントにね、みんなが幸せに向かって、一歩踏み出したって感じなのです。
ぢつはちょしといちこ、ホントに同じような顔して撮れた写真もあるんですよ。
これからココにも載せるし、HPのトップページにしようと思ってますので、
お楽しみに♪

>メルモママちゃん
いい写真でしょ♪
いちこがパネルの前に来たとき、一眼レフデジカメを持ってる友達に撮って
もらいました。わたしも撮ったんだけど~。いちこがなんともマヌケなあくび
をしちゃって…それはそれでオモロイんで、今度それも載せます(笑)
もちろん!お互いもうちょしっと大きくなって落ち着いたら、いちこの兄弟には
“突撃”に行きます♪

コメントフォーム

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)