わが孫じゅー

2017-02-26

2017年2月21日

20170226006.jpg

わが孫じゅーが、虹の橋へと旅立った

20170226001.jpg

生後1か月ぐらいで捨てられたじゅーは

20170226002.jpg

優しいミィちゃんの愛情に包まれて

20170226003.jpg

すくすく元気に育ち

20170226004.jpg

それはそれは立派なイケにゃんになった


2004年10月14日
わたしとキヌピンコさんは、ビニール袋に入れられ、交番に連れていかれた子ねこを、
どーしても見捨てることができず、二人とも飼える状況ではなかったのにも関わらず
交番から引き取った。
そして、5か月前に愛猫を亡くしたばかりのミィちゃんに、イチかバチか、声をかけてみた。
すると彼女は性別も毛色も聞くまでもなく、ひとつ返事で「いいよ♪」と言ってくれた。
その日からわたしは子ねこの“おばぁちゃん”キヌピンコさんは“おばさん”となり、
親になってくれたミィちゃんに感謝の意味も込めて、毎年この子ねこの誕生日は二人で
必ずお祝いしようと決めた。
子ねこ“じゅー”と名付けてもらい、それはそれは、ミィちゃんの愛情たっぷりに育った。
私たちが会いに行くと、玄関で出迎えてくれて、足元でスリスリしてくれて、プレゼントを
持っていけば、必ずその日に遊んでくれたり、使ってくれたり…
本当にわたしたちのことをわかってくれているかのようだった。
のちにミィちゃんチにやってきた、もことふくとは、仲良くするようなことはなかったけれど、
いじめたり、むやみに怒ったりするようなことは一切しなかった。
だから2にゃんとも、じゅーのことが大好きだった。
ほわわんとした♂にゃんが多い中で、じゅーは強くて優しくてとっても賢い男の子だった。

最後は病気での旅立ちになってしまったけれど、じゅーとの12年間はそれが
全てぢゃない。
12年間は楽しい思い出ばかりだもん。じゅーもそうだよね?
あのとき見捨てず、じゅーを保護して、ミィちゃんに託して本当によかった。
キミはわたしたちの絆も強くしてくれた、大切なこともいっぱい教えてくれた。
幸せな12年間をありがとう、じゅー。
これからもばぁちゃんの孫はじゅーだけだよ。
これからもずーっとずーっと愛しているよ。

20170226005.jpg


参加してます。
じゅーの素晴らしいにゃん生にポチっとよろしくお願いいたします♪

じゅーをポチっとな♪

<- デブか否か (-_-) | HOME | ねこも冬眠するの?? ->

コメント

お悔み申し上げます。

じゅーちゃん、お空へ旅立ったのですか、お悔み申し上げます。。。
拓郎と同じ柄のにゃんこさんですね。拓郎は目が見えなくなってしまいましたがなんとか低空飛行で過ごしています。東京にはきっとよいお医者さんもいるのでしょうが、群馬は選択肢が限られていて難しいです。いちこちゃんにまた会いたいです。おふたりとも元気でいてね!!

シルクさん、ありがとうございます。
じゅーは最後までとっても男らしくてカッコよかったです!

拓ちゃんお目目が見えなくなったのですね…
ちょしもそうでしたが、とっても前向きに生きていましたよ (^^)
拓ちゃんもきっと、こちらが思うより前向きに生きていると思います。
わたしもシルクさんとシルクさんちのにゃんこ達にまた会いたいです!

じゅー君、うちのTOBYにそーーーっくりですよ!今この瞬間にほらほら、ねっ?て写真を見せたいくらい。一番下の写真の表情は「また帰ってくるからね!大丈夫だよ!」って言っているように見えました。

えっ?!そうなんですか?!
以前お写真拝見しましたが…
キジトラというのは覚えていましたが…
じゅーに似てるということは、TOBYくんもかなりの
イケにゃんってことですね (^m^)
帰ってきてくれるかしら…
またじゅーに会いたいです。

コメントフォーム

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)