輝くふたつの星☆

2015-12-01

龍之介くん

龍之介くん(15歳)11月28日 お星さまに。。。


めいちゃん

めいさん(19歳)11月21日 お星さまに。。。

お友達にゃんこの旅立ちが続きました。
龍之介くんもめいちゃんも、リッパな長生きさんでした。
2にゃんはこれからも、一緒に暮らした家族を愛し続け、そして家族もまた、
彼らを愛し続けます。

1.出会ったのが、わたしが子供の時だったとしても、大人になってからだとしても、
  いま目の前に居るあなたを信じています。だからあなたもわたしを信じてください。

2.言うことをきかないからといって、わたしに話しかけるのをやめないでください。
  あなたがそうであるように、わたしにだって嫌なことはあるのです。

3.わたしはひとりで過ごすことができます。
  でもあなたが居てくれたら、わたしの心は安らぎます。
  だからできるだけ一緒に居てください。

4.いけないところで爪をといでしまいます。
  でもそれは本能だということをわかってください。
  あなたを困らせようとしてやってるわけではありません。

5.わたしが外で過ごせないことをかわいそうと思う前に、わたしが自由にできる
  場所を作ってください。
  その場所とあなたが居れば、わたしは幸せです。

6.ゆっくり眠りたいときは、どうかじゃまをしないでください。
  でもあなたの存在を感じているからこそ、わたしはゆっくり眠れるのです。

7.わたしをいっぱい撫でてください。あなたの優しさを感じたいのです。

8.年老いても、わたしはできるだけ自分のことは自分でします。
  でもそれができなくなったら、どうか手を貸してください。

9.わたしより先に逝かないでください。
  最初にお礼を言うのは、わたしの方なのですから。

10.最後のとき、わたしはもしかしたらひとりで行ってしまうかもしれません。
   でもどんな別れがやってきたとしても、ずっと心に居ることを、
   ずっと愛していることを、忘れないでいてください。



キミとの十戒


※チョシエルと作った『猫の十戒』


参加してます。
龍之介くんとめいちゃんの素晴らしいニャン生にポチっとよろしくお願いいたします。

おててをポチッ♪


<- 2015冬のねこ展♪ | HOME | ムート3歳のお誕生日会♪ ->

コメント

めいも空から見ていると思います。
ありがとうございます。

花ちゃんとゆたかさんと、きっと一緒に見てくれてますよね☆

虹の橋を渡っていっても、今度は虹の橋を駆け下りて愛する魂は帰ってくる。

虹の橋を渡っ行く様子を想像するのは悲しいですが、それとは反対に元気に生まれ変わって元の飼い主のもとへ橋を渡って帰ってくる猫たちの姿を想像すると微笑ましく、希望に満ちてきます。

東京の二車線の高速道路のように、日々数えきれない程の猫たちが橋を渡っていくのと同じように、反対に毎日たくさんの猫がこちらへ戻ってくる。虹の橋は決して一方通行ではないと思います。

うちの三匹は元気です。BNKAにとっては若い二匹の存在が程よいアンチ・エイジングの刺激となっているみたいです。

龍之介くんの飼い主さんが「また龍之介と会えるかしら…
わたしのことを待っていてくれるかしら…」って言ってました。
「もちろん!!」っとわたしは答えました。
この世での“別れ”を、決して“寂しさ”だけで埋めてしまわないように。
わたしがちょしから教わったことです。

しろねこの父さんがおっしゃる通り、虹の橋は、きっと虹の架け橋
なんですよね (^-^)

TBYくんとLURAちゃん、この夏で4歳になったんですよね!
BNKAちゃんのいい刺激になってよかったですね~♪
わたしも若いコと暮らせばアンチ・エイジングできるかしらん(笑)

コメントフォーム

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)