大事で大切で必要なこと

2012-09-23

先日、病に伏していた友達のお母様がお亡くなりになりました。
ご家族、ご本人も余命を知ってのことで、最後はホスピスで過ごされていました。
昨日、そのお母様に、お花とお線香をあげにいってきました。
亡くなる前に一緒に旅行に行ったときのお写真を見せてもらったのですが、
お母様と彼女が一緒に撮った写真よりも、お母様と彼女の旦那さんが一緒に撮った
写真の方が、お母様が笑顔なのです。
それはなぜか…
目の前に居るのが(写真を撮っているのが)娘である彼女だったから…。
そう、お母様は自分の娘に対して、満面の笑みをこぼしていたのです。
写真って、自分が愛している人に撮ってもらうのが、一番よく撮れるんですよね。
遺影になっていたのは、その旅行に行ったときの、彼女が撮ったものでした。
ものすごく素敵な笑顔でした。

お母様はわんこと暮らされてましたが、そのわんこよりも先の旅立ちとなりました。

動物はわたしたち人間より寿命が短いため、先に旅立たれます。
辛いです。そりゃあ辛いです。
でもね、自分が先に旅立つのはもっと辛いです。
辛さは「愛情」。
看取ることは大事な、最後にかけてあげる精一杯の「愛情」。
だから "先に旅立たれる=悲しい" だけでなく、それが彼らと暮らす上で、
どれけ大事なことか、大切なことか、必要なことか、いま動物と暮らしている人、
これから動物と暮らす人には、わかっていてほしいなって思います。

ミルク♪



参加してます。
いちこにポチっとよろしくお願いいたします♪

いちこをポチっとな♪

<- 本日の1枚 | HOME | 昨日もお祝い♪ ->

コメント

本当にそうですね。
あずきは今11歳、私が看取りたいです。
が、私も相当な高齢ですのでどっちが先になるのか・・・。
息子達はその心配はしなくともいいから、今を楽しめと・・・。
で、めちゃくちゃ可愛がっています。
あずきもべったりです。
この幸せが長く長く続きます様に。

飼い主であるわたしたちが、まずは元気でいないとですね!
息子さんの言うとおりだと思います。
いまはあずきちゃんとの楽しい日々を存分に味あわなきゃ♪
そしてこれからずーっと先…
そのときは看取ってあげてください。
それが最高の愛情ですよね (^-^)

コメントフォーム

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)