あの日

2012-03-11

3.11
あの日わたしは、運良く電車を乗り継ぎ、2駅歩いただけで、無事いちこが待つ我が家に
帰ることができました。
それからはとにかく、宮古に居る友達が心配で心配で…
でも次の日には、友達とそのご家族・にゃんことも無事を確認。
その後仲間同士で、わたし達が彼女にしてあげられることを考え、家が半倒壊し、
家電が全てダメになってしまったという彼女の希望で、冷蔵庫と洗濯機を買って
プレゼントしました。
そのお礼状と共に、彼女からこのタウン誌が送られてきました。

みやこわが町


忘れてはいけない。このことを無駄にしてはいけない。
何万人という死者の数。でもその数をそのまま受け入れてはいけない。
何万ではなく、ひとりひとり、ひとつひとつの命。

嫌なこともある、辛いこともある。
でもそれは自分のココロ次第で、気がつけば、どれだけ平穏な日々を送っていることか…
そのことに本当に感謝しなきゃね。

安心♪

この姿が、平穏な日々の象徴


ポチっとよろしくお願いいたします♪

いちこをポチっとな♪

<- タワー発見?! | HOME | ナカッタ (T-T) ->

コメント

今ある幸せ

普通に暮らせている自分がどれだけ幸せな事なのか
今日また、改めて思います。

1年たってがんばってる人たちを見て本当にすごいなぁ~。
いろんな事があっても前を向いて行かなきゃいけないね♪

ホント、1年経ちましたね。
全国の神社仏閣であの時間に一斉に法要があるということで
他県にある親戚のお寺で一緒に手を合わせてきました。
そのお寺で(観光の寺にもなっている)一般の家族ずれの観光客が
数日前にお婆さんがが見つかったといっていたので
一緒にお焼香をしていただきました。
とても喜んで頂きました。
いまだに見つかっていない方々も数千人・・・。
自然の脅威をあらためて思い知らされました。
いちこちゃん、平和は何よりの幸せね。
あなたのその寝顔をつくづく有り難いと思っていますよ。

業務連絡です。

メール送ったんだけどもちゃんと届いたかしら~?

平凡で普通に過ごせてるこの時がどんなに幸せなことか。。。
ワタシはあの日あの時間、家のテーブルを拭いていて天井から吊ってるライトに頭をぶつけ、目眩かと思ったら地震でした。
札幌でも震度3で揺れは感じました。
まさか東北があんな事になってると知ったのは数時間後でした。
幸い親戚も知り合いもいませんが、不安と悲しみばかりでの毎日はどんな大変でしょう、私になんか計り知れないことと思います。
お友達とにゃんこ、良かったですね!
穏やかな生活が過ごせる日が来ることを心から祈っています。
ホント、にゃんこの寝顔は癒しですね。

>メルモママちゃん
普通に生活できる日々が続くと、忘れちゃうよね。
その普通がどれだけありがたく、幸せなことなのかって…。
あっ、メール…届いてません(T▽T)
choshi@y6.dion.ne.jpの方に送ってもらってもいいですか。
すみません(ToT)

>タラさん
ヒトって、何か大きなことが起きたときに、本当に大事なことを知りますよね。
いやなことがあって、もうどうしようもない気持ちになっても、いちこの寝顔を見ていると、
いかにいま平穏に平和に暮らせているかってことに気づきます。
この穏やかな寝顔のためなら、どんなこともがんばって乗り越えていかなきゃ!って思います。

>あんでぃままさん
ホント、不安と悲しみは、計り知れないです。
友達家族は海に近くに住んでいたのを知っていたので、映像を見たとき、背筋が
ゾッとしたのを覚えています。
人との和やコミュニケーションの大事さも、今回の震災では改めて深く思いました。
被災している動物達も沢山います。
飼い主さんと再び穏やかな生活ができるようになり、みんなが幸せな日々の眠りに
つけるようになってほしいですね。

コメントフォーム

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)