おくりびと

2012-02-10

「どんな猫(犬)本があったら読みたい・見たい・買いたいか?」アンケートに
ご協力くださった方々、ありがとうございましたっ (T-T)
その中でコハアンナさんがご意見くださった「愛猫と元気元気に暮らしているうちから
飼い主が将来きちんと向き合っていけるよう、力になってくれるような本」
ぢつはコレ、今現在、ライターの友達との間で候補に上がっている本なのです。
ちょしの旅立ちにいたるまでの心構え、実際経験した旅立ち、そこで感じた思い、
旅立ちが決して悲しみだけでは、それらを含めて全てが、動物と暮らすということ、
などなど…
この経験や思いを、他の人にも伝えたい、カタチにしたいと思ってました。
実際この経験は、去年の4月に旅立った姉のわんこ、ミントのときに役立ちました。
姉からは「アンタ、ペットの "おくりびと" とかやったらいいんじゃない?!」って
冗談半分で言われたりして (^^ゞ

キミはなんにも言わないけれど…

これはちょしの遺言?


まぁ、これに「売れる」っていうのをどう絡ませるか、そこでいつも煮詰まっちゃって、
話が進まないんですけどね (-_-;)
この案について、また、こんな本がイイ♪ってご意見も引き続きお聞きしたいので、
皆さん思いついたらいつでもお話くださいね!


参加してます。
いろんなことを教えてくれたちょしにポチっとよろしくお願いいたします。

ちょしちゃんポチっ♪

<- コワイ (/.\) | HOME | 夢への扉 ->

コメント

ちょしちゃんはやっぱり賢い顔をしていますね。
う~ん、さすが!堂々と落ち着いています。
このときはお目々が見えていますね。
何もかもお見通しってな感じ。

ネコのおくりびと。
飼い主さんへの心構えや、葬儀を行ってくれる会社への
マニュアル本とか・・・・。
しっぽなしゃんの想いのこもった物が出来ると良いですね。

候補でしたかー(=゜-゜)ホッ
ニャるほど!「おくりびと」!遺族にとって家族の支えとはまた違った感じの救いの神のような存在ですよね。
お別れはどんな場合も辛いですけど…例えば病気や老衰で長い間見守り続けてのお別れ、その子が持っていた寿命による予期しないお別れ、どんな場合もヌケガラ間違いなしの悲しみだと思います。
病気で長い治療を続けている子を見守るのもいろんな葛藤があり、思い悩むかも…。
そういったことを心の片隅に置きながら…現在は日々の生活でコレデモカ!ってくらいの愛情を注いで、愛猫が自分と別れる寸前の寸前まで幸せでいられるよう大事に飼いたいと思っているのですが…
愛おしくって切ないデス(T▽T)ダハハ!
私を始め、こんな感じの飼い主サンを勇気づけてくれる本、欲しいです(⌒~⌒)

>タラさん
このときはもうすでに見えてないんですよ。
12歳ぐらいの時の写真で、ふっくらしてるし、目が見えてるように見えたかしら。
ちょしは見えなくとも、メヂカラが強いですからね (^^ゞ
いちこの顔を見て、決してアホ顔とは思わないんですけど(笑)、こうしてちょしを
見ると、いちこはまだまだ!って感じがしますね~。

>メルモママちゃん
悲しみだけではないこと、動物と暮らすってことは、それらも含んでいることを
うまく伝えられたらいいんですけどね~。

>コハアンナさん
そうなんですよ。
みんながみんな長生きしての旅立ちとは限らず、いろんなお別れのカタチが
あるので、そこが難しいと言えば難しい…
現に、突然とか、若くしてって場合は、未だにかける言葉が見つからなかったり
しますからね (T_T)
理想はね、読み終わったあと、涙で終わるのではなく、笑顔で終わる本に
したいですね (^-^)

暫くです!

超ーーお久しぶりです(*^_^*)
コメントはしてなくても拝見してましたよーー(●^o^●)
親が倒れたり入院したり、実家を引き払って高齢者用住宅に入れたり・・・昨年の夏からバタバタし通しで~~((+_+))

実は先日二人目の「息子」を迎えまして(^v^)
またまたベンガル!(笑)名前はレオン(=^・^=)
いつか紹介できるといいな。

ワタシもしっぽなさんにはたくさん話を聞いてもらい、しっぽなさんの言葉にたくさん助けられました。
ちゃしちゃんの存在、しっぽなさんのブログはワタシを支えてくれました。
どうか、今元気な猫ちゃんと暮らしてる方も、今闘病猫ちゃんと暮らしてる方も、これから猫ちゃんと暮らしたい方も、そして虹の橋に愛猫ちゃんを送られた方も、みなさんの為にもちょしちゃん本が出来ること、心待ちにしていますよ(^-^)

アンディママさーん!お元気でしたか~!!
どうしてるかなって思ってました、ホントに。
親御さんのことで大変だったのですね (T_T)

えーーー!レオンくん?!
お迎えおめでとうございます\(^o^)/
迎えたばかりなのですか?まだ子猫ちゃんなんぢゃないんですかぁ~?!
お目にかかりたいわ~♪

暖かいお言葉の数々、ありがとうございます (T-T)

恵まれないコたちの現状を語り、そして里親活動してる方も沢山いらっしゃいます。
わたしはもちろんこういった方に同感ですが、わたしがやるべきことはそれではなくて、
幸せな人と猫の更なる幸せを願い、そのお手伝いをしよう!
実はそう思って、HPを始めたんですよ。
にゃんこやわんこ、動物と暮らすということは最後の旅立ちも含めて、「幸せ」なんだってこと、それもあるから素晴らしいこと…
そういったことをうまく表現した本ができればいいんですけどね(^^ゞ

久しぶりにコメントいただけて嬉しかったです!
これから2にゃんとの生活、たぁ~っぷり楽しんでくださいね!

コメントフォーム

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)