寿命以上を生きた猫

2011-10-02

当HPの、SILIVE CATS CLUB 現役No.1ご長寿、 ティチィちゃんチのニャン太郎くん
が、本日虹の橋へと旅立たれました。
5月に旅立った 葉奈ちゃん 同様、ニャン太郎くんも、大人になってからティティちゃんと
出会い、保護されたにゃんこでした。
ティティちゃんのブログを見ていただければわかりますが、ニャン太郎くんはずっと闘病生活を送っていました。
3.11にはあの震災に遭い、不自由な生活もされていましたが、ニャン太郎くんのことは
もちろん手を抜くことなく、毎日献身的な介護をされていました。
わたしは、ニャン太郎くんは寿命以上を生きたにゃんこだと思っています。
その長さは、ティティちゃんが望んでいただけでなく、ニャン太郎くん自身も望んでいたこと
なのだと思います。
アニマルコミュニケーションで、ナニが一番辛い?と聞いたとき、「自分より若い子が亡くなる
のが辛い。もっとみんな生きられるのに…」と言っていたちょし。
きっと今頃、虹の橋で「ニャン太郎くん、エライ!!」って、ニャン太郎くんのことを、拍手で
迎えてるね。

バンザーイ!

オレのにゃん生バンザーイ!!

またいつか会える日を信じて、さよならは言わないでおくね。
ニャン太郎くんの強くて逞しくて、ティティちゃんとの愛にあふれたにゃん生にバンザーイ!!


参加してます。
ニャン太郎くんの素晴らしいにゃん生にポチっとよろしくお願いいたします♪

ニャン太郎くんをポチっとな

<- そのとき… | HOME | 供養祭 ->

コメント

ニャン太郎くん、一目見て抱きしめたくなるような子ですね。長生きしてくれてよかった。でもこうしたニュースに接するのは、他人様の猫であってもやはり辛いです・・・。

久しぶりのコメントとなりますが、いつも拝見しております。

話せば長くなるのですが、実は今年の8月、近所に捨てられていた赤ちゃん猫四匹を保護して、暫くの間色々と大変で・・・。

まだ里親探し中で、大変なことにかわりありませんが、保護した当初よりは生活も落ち着いてきました。新しく生まれた命、使命を全うして旅立つ命、それぞれのドラマですね。

しろねこの父さん、いつもどうもです♪
そしてニャン太郎くんを見てくださり、ありがとうございます。
ニャン太郎くんとは、旦那様の転勤で宮城に行く前に3度ほど
会ったことがあるのですが、それはそれは愛くるしいにゃんこ
でしたよ (^-^)
ティティちゃんのことを思うと、胸が締め付けられるような思いに
なりますが、ニャン太郎くんはホントにホントに、シアワセなにゃんこでした。

なんと!!赤ちゃん4ひき保護!!
この暑い夏、さぞや大変だったことでしょう。
みんな元気に育ちましたか?
そうですね、どれもこの世にふたつとない、みんなそれぞれドラマが
あります。
ちょしが旅立ち、いちこも生まれたんですから…
仔猫ちゃんたち、わたしのような素敵な里親さん(自画自賛(笑))に
めぐり遭えることを、心より願っています!

コメントフォーム

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)