はぢめての宿泊客

2011-05-04

昨日はいちこが来てからはぢめての宿泊客が、わが家に来ました。 それは…

ええっと…

かぁちゃんのおねぃちゃんです♪
会ったことあるでしょ!

いちこは遊んでもらったり、オヤツをもらったりして姉にすぐに懐いたものの、姉の寝床として
ベッドの横にしいたマットに興味シンシンだったり、わたし以外の人がお風呂に入るのが
不思議だったり、わたしが歯磨きしてても興味ないくせに、なぜか歯磨きする姉から目が
離せなかったり(笑)、
はぢめての宿泊客に、いちこは??なことばかりだったようで、見ててメチャおもしろかった
です (^m^)

不思議なヒトだ…

いいえ、ナニも不思議なこたぁありません

話込むわたしたち姉妹の横で、いちこはメッシュトンネルに入り、常に自分をアピ~ルして
おりました。

カモ~ン


ミントと暮らし始めてからは、ウチに泊まることはなかったので、姉の宿泊は12年以上ブリ
でした。
ちょしが天使になった後、いちこばぁちゃんがちょしの写真をA4サイズでプリントしてきて
くれて、わたしはその写真にかなり慰められたので、姉にも同じことをしてあげたくて、
今日はミントの画像をA4サイズやその他モロモロ、いっぱいプリントしました。
「ホントだ!大きい写真っていいね~♪」と、、姉にもとっても喜んでもらえました (^-^)

姉はもちろん、ミントの居ない生活にまだまだ慣れておらず、寂しさに涙することも多々
あります。 それはわたしにもどうすることもできません。
だってその寂しさを埋めてくれるのは…ミントだけなんだもの。
でもミントは目の前に存在しません。
でもでも存在しなくとも、きっとこの先、他の誰でもないミント自身が、姉の寂しさを
埋めてくれると、わたしは信じています。
だってミントは、世界で一番お母さんが好きなんだもんね♪


参加してます。
修学旅行に行った小学生(?)みたいにはしゃいだいちこに
ポチっとよろしくお願いいたします♪

いちこをポチっとな♪

<- GW最終日 | HOME | チョシエル&いちこ3歳 春の誕生祭③ ->

コメント

お姉様のお気持ちは本当に良くわかります。
ただ、時の流れというものはありがたいもので、
名前を声に出して言ってもこみ上げることも少なくなり、
写真を見たり、思い出話には笑えるようになりました。
ビデオも見られます。
いい思い出ばかりが残り純粋に可愛い姿だけが目に浮かぶこの頃です。

お姉様も今は胸がちぎれるほどおつらいでしょうが、
無理に封印なさらずにいっぱい悲しんで頂きたいと思っています。
何を言っているのかわからなくなりました。ご免なさい。
お姉様、お食事だけはキチンとなさり、ご健康にお気を付けて下さい。

タラさんのおっしゃる通り、わたしも時の流れが気持ちに変化を
もたらせてくれると思っています。
わたし自身は、ちょしが居ない寂しさをちょしへの思いで埋めたって
いうのかなぁ…うまく言えないんですけど、いちこで埋めたのではない
ので、姉ももしまたわんこと暮らすことがあるとしたら、それはミントが
居ない寂しさを埋めるために暮らすのではなく、全く別の思いから暮らすんじゃ
ないかなぁって思うのです。
わたしもナニを言ってるのかわからなくなってきましたが (^^ゞ

姉の心配をしてくださり、本当にありがとうございます (T_T)

コメントフォーム

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)