白いふわふわ

2010-08-27

今日はディスカウントショップに行って、いちこのまんまを買ってきました。
そこで130円のオモチャ(笑)が目に付いたので、いっこにお土産♪

ふわりん♪

ハテ?

そうです!

いっちゃいましょー


とっても喜んで遊んでくれました(^-^) ああ、安上がり(爆)。

アメリカのバージニア州リンチバーグ市では、全消防車および全救助隊に、犬と猫用の酸素
マスクが搭載されることになったそうです。
これは災害にあったペットの生存率を高めるのに有効な手段と期待されているそうです。
いいですね~。やることが進んでます!!
こうゆうことをするのって、小さく弱い生き物にも手を差し伸べる…
心の余裕を感じます。
日本では災害時のペットとの同行非難を許可してる地域もまだまだ少ないですからね…


参加してます。
130円をチャチャっとやっつけちゃったいちこにポチっとよろしくお願いいたします♪

いちこをポチっとな♪

<- ミントもお気に入り♪ | HOME | ひえひえ度増量中! ->

コメント

日本でも実施されるようになるのは、いつになる事でしょうね。
災害時、ホントどうしようかと不安になります。
わんちゃんは抱っこしたり、リードでとか、何とかなりそうですが
猫ちゃんは、いろいろ難題が。

昨日のアイスノン、以前置いてたんですが、つむぎは噛んで
穴をあけました。
それ以来置いてないんですけど、そろそろ大人になってきたので
又試してみようかな。
今年はもう暑くて、暑くて、何もやる気になれません。

そうですね、そろそろ又防災の日、この時期は真剣に考えるのですが・・・。
人間はともかくあずき・・・他人を見たことがないのでいざ災害時の事を考えると不安になります。
普段から食物、水、オシッコシーツは蓄えていますが、
シーツで用を足してくれるかどうか。やっぱり砂かなぁ。
そんなことよりも避難場所に猫を連れて行けるかどうか。
一戸建てに住んでいる長男宅は横浜・・・。無理・・・。
二男宅は都内でペット不可。
あ、そうだ、テントがいい。せめて人間一人とあずきの分。
探してみましょう。
しっぽなさんはどのような準備をなさっていますか?

>紡さん
酸素
マスク搭載がまだまだ先の話だとしても、同行非難はどこでも実現して
ほしいですよね。
まずは飼い主がキチンとマナーを守れば問題も起きないと思いますが、
にゃんこの場合は、本にゃんの精神的問題がね(/.\)
アイスノンを破るとは!さすがつむぎくんですね…
いちこは保冷剤では遊んでしまいましたが、アイスノンは理解できたようで、
いまは枕にしてますよ♪

>タラさん
現在使っていて、少しニオイの付いた砂を少量でも持っているといいと
思います。それをシーツに乗せればトイレと認識でき、そこでやる場合が
ありますから。
避難所では、そこの担当のヒトが動物好きであればOKになったり、
嫌いだったりすると×になったりする場合もあるみたいです。
あとはOKだったのに、マナー違反の飼い主がいて、それで×になって
しまったという話も聞きました。
↑の話は、わたしが聞いた中越地震のときの実話です。
わたしが入るのはちょしっとムリですが、いちこが過ごせるテントは持って
ますよ。
あとは、すぐに入れられるように、キャリーはリビングに出しています。
でもナニより一番の願いは、せめて在宅時一緒に居るときに起きてほしいですね(-_-)

コメントフォーム

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)