FC2ブログ

真実の瞳

2008-07-27

昨日、トモダチのミィちゃんがいちこと遊んでいたとき、いちこはオモチャ箱から
オモチャを全部掘り出し、自分がオモチャ箱に入っていました(/.\)
すると、その中に、すでにパネルに飾ってある、わたしがとっても気に入っているちょしの
写真が1枚出てきました。

わたしの夢


「あら?こんなとこに仕舞ってたんだ。」と思い、わたしはPCの前にその写真を飾り、
ミィちゃんとパンダ姉さんの家の隅田川花火大会鑑賞に出かけました。
帰ってきてから、その写真を見つめながら、わたしはある人とあるコのことを考えていました。
そして「大丈夫。この人とこのコなら、そのときがやってきても、きっと大丈夫。」
わたしはそう思っていたし、また写真のちょしも、わたしにそう言っているように見ました。
するとその数十分後。。。そのコの旅立ちを知りました。
うーちゃんとかよちゃん
ちょしとわたしを、影でずっとずっと支えていてくれたヒトとにゃんこ。
わたしがいちこ探しをしているときも、ひっそりと一緒に探してくれていたヒト。
あきらめではない気持ち。悲壮感をはるかに上回る幸福感。
彼女ならきっと、あのときのわたしと同じような気持ちになるだろうと、信じていました。
わたしのその気持ちを、ちょしは後押しするために、出てきたんだね。
「大丈夫、あの二人なら、わたしとちーさんがそうであるように、二人は二人のカタチで、
ずっとこの先もやってゆけるから。」
ちょしの瞳も、うーちゃんの瞳も、いつだってまっすぐ前を見て真実を語る。。。
これは悲しいことなんかじゃない。
また違う形で、幸せを分かち合う仲間が増えたってことだよね?
ちょしもうーちゃんも、これからもずっとずっと一緒だよ♪



参加してます。ちょしの素晴らしいニャン生にポチっとよろしくお願いいたします。

ちょしちゃんポチっ♪